愛犬の就活も考えよう~ペット火葬のスタイルは元気なうちに決める~

自分がいなくても愛犬が幸せに暮らせる方法

ペットの終活も考えよう~最愛の家族とのお別れの準備~

自分の終活だけではなく、同時に愛犬の終活も考える必要があります。愛犬の終活で何が出来るのか考えてみましょう。

病気になった時のために保険に入る
愛犬のための保険に加入していると、万が一愛犬が病気になった場合でも費用を気にすることなく充実した治療を受けることができます。この愛犬のための保険は、入院や手術、通院まで充実した内容ですが、保険料の負担は軽いので無理なく続けることが出来ます。そして、愛犬の様子が少しおかしいと感じた場合、いつでも獣医師に電話で相談することもできます。
介護できないときに備えてペットの老人ホームを探す
人間の老人ホームのように高齢犬が入ることが出来る「老犬ホーム」があります。老犬ホームに預けられる理由は様々です。飼い主が高齢で日常生活に支障がでて面倒を見られない場合や、高齢の愛犬が無駄に吠えるようになってきたため周囲のことも考えて預けるなどの理由があります。自分にもしもの事が起きてしまい、介護できなくなったときのことも考えて老犬ホームを探しましょう。
ペット火葬やお墓の準備
愛犬が息を引き取るのはまだまだ先のことかもしれません。しかし、今はペットの供養方法がたくさんあります。自分の終活に合わせて、愛犬のためのペット火葬について情報を調べて準備をしておいたほうが良いでしょう。費用や葬儀のスタイルなどによって金額も変わるので、前もって考えておきましょう。そうすれば、愛犬が亡くなっても希望通りの葬儀を挙げることが出来ます。

まとめ

人は亡くなったときのことを考えて終活をするようになりました。しかし犬は自分で亡くなった後のことを決めることはできません。いつか愛犬が亡くなったときに感謝の気持ちを十分に伝えることが出来るように、愛犬の終活もしてあげましょう。元気なうちに終活することをおすすめします。

TOPボタン